ニュータッチの凄麵シリーズのカップラーメン 和歌山中華そば を実食!豚骨醤油味は濃くがあり脂を感じる1品!

和歌山県か、行ったことないな・・・?

熊野古道とかある県だっけ?

というくらいな知識しか持ちえない和歌山県ですが(県民に失礼だぞ!)僕の出身茨城県だって全国的に知名度低いぞ!と比較しないでほしいと声が聞こえそうではありますが、濃厚豚骨醤油味 と漢字で書かれているのがみょーに強さを感じ購入することとなりました。

横浜では家系ラーメンが当たり前というのと同等に、ご当地では人気のラーメンなのでしょう。

今回はニュータッチの凄麵シリーズのカップラーメン 和歌山中華蕎麦 について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

ニュータッチの凄麵シリーズのカップラーメン 和歌山中華蕎麦

さらに美味しく!と書かれているので、どこかでマイナーチェンジを図ったのかもしれません。

凄麺シリーズは食べたほとんどがノンフライでありますが、こちらも中細のノンフライを使用しているようです。

エネルギーについて

このカップ麺は1食当たり393キロカロリーとのこと

濃厚豚骨であるのにこのカロリーなのは、ノンフライを使っているからなのでしょうか?

また、小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンがアレルギー物質として含まれているそうです。

具材について

ふたを開けて入っているのは、かやく、後入れ液体スープと後入れの粉末スープという三つ揃い。

ノンフライの中細めん。

かやくを入れてスタンバイOK

ナルトはかわいいです♪

ニュータッチの凄麵シリーズのカップラーメン 和歌山中華そば が完成となりました。

お湯を入れて4分(実際には3分ほどせっかちなもので)後入れの液体スープです。

おっと、、スマホのレンズが曇ってしまいましたが後入れの粉末スープを投入中であります。

かき混ぜる前

かき混ぜ後

画像のビジュアルでは味噌ラーメンにも見えなくありません。

スープです。

おお!確かにとんこつの濃厚さを感じます。

メンです。

中細麺が程よい噛み応えでいい感じです。

探してようやく見つかったメンマです。

チャーシューは豚バラのようなお肉であります。

最後になるとを食し

フィニッシュとなるのであります。

濃厚豚骨醤油とある通り、とんこつの風味を感じながら感じるのは醤油味。

決してとんこつ風ではなく、少し脂が多めのしょうゆ味。

昔ながらの例のやつではなく、濃厚さもプラスされた醤油味なのであります。

以下はニュータッチの凄麵シリーズのカップラーメン、恒例のフタの裏話

ご当地に行って「黒帯認定ドライバーにラーメン店をおすすめしていただきたいものです。

またこちらには、ニュータッチの凄麵シリーズのカップラーメンをまとめた記事がありますので、お気に入りの一品探しのお役に立ててください。

ニュータッチの凄麵シリーズのカップラーメンまとめ!

スポンサーリンク

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな
多摩地区のグルメ情報を届けさせて頂きます

 

応援よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする