随時更新中!

随時更新しています!

YouTubeチャンネルに動画を配信中!

 

味の丸嘉(まるよし)万願寺店(高幡餃子)でランチに餃子定食・豚汁付きと、シソ・キムチ・肉餃子を実食!

スポンサーリンク




ネットサーフィンをしていると、多摩モノレール沿線に餃子の専門店があるという情報をゲットしました。

それが味の丸嘉(まるよし)万願寺店(高幡餃子)です。

調べてみると1982年創業と歴史あるお店のようでした。

こうした情報を見つけてしまったからには伺って食べてみるしかないと計画を立て、向かった月曜日のことです。

その日はなんと定休日でした 号泣

もっとしっかりと調べておけばよかったと、自分のニアミスに嫌気がさすも空いたお腹を満たすべく、以前から行こうと思っていた国立のはやし田へと向かったのでした。

その様子はこちらで紹介しているのですが

らぁ麺はやし田 国立店でランチに醤油ラーメンと半チャーハン、餃子を実食!

お初のお店でしたがうまかったので良しとするとして。

そうしてようやく餃子専門店の味の丸嘉(まるよし)万願寺店(高幡餃子)でいただくことができたのですが、連れが嫁という。

まぁ、嫁はやや不思議な行動をすることがありまして「ライスはいらないから3種類の餃子を食べ比べたい」というではないですか?

僕としては沢山の味をいただけるのでうれしい限りでありますが、シソ・キムチ・肉餃子に餃子定食・豚汁付きという定食までいただく何とも男らしいランチとなるのであります。

スポンサーリンク

味の丸嘉万願寺店(高幡餃子)の駐車場

以前きた時に駐車場があるのは確認しておりましたから安心してくるまで伺えたのですが

味の丸嘉万願寺店(高幡餃子)用の駐車スペースは3台ほど。

スペースが開いていないときには同敷地内のパーキングに入れてもチケットをもらえるとのことです。

こちらが創業1982年という店構え。

ワイン系の看板に黄色い暖簾という中華系の料理店というわかりやすいルックであります。

実はこの日、14時近くになっており、店内はお客さんがおらずで、何を手本として注文すればいいのか?

と悩むのですが、先に説明した通りに「餃子の食べ比べがしたい」ということでメニューを見てみるのです。

味の丸嘉(まるよし)万願寺店(高幡餃子)のメニュー

田中製麺所とあるだけにラーメンも提供しているのかと思いきや、餃子と定食のみのメニューとなっています。

カウンター席のみでどこに座っても厨房が見渡せる落ち着いた雰囲気の店内を見渡すと

お持ち帰りメニューや手作り餃子の魅力など

いたるところにさりげなく置かれたり貼られています。

小麦の香りしませんか?

おおお!

小麦の香りか、どんな餃子が提供されるのか楽しみです。

スポンサーリンク

味の丸嘉(まるよし)万願寺店(高幡餃子)の餃子定食・豚汁付き

おお!

餃子に豚汁という組み合わせ!

ありそうですが、このコンビで定食を提供しているお店ってあまりないのではないでしょうか?

しかも熱々で飲めないくらい。

なんとか大根をいただき味を確かめるのですが、豚の風味はやや影を潜めたお味噌汁という感じ。

このお新香は塩気が効いており、餃子を食べながら口の中をリフレッシュさせてくれそうです。

それぞれ味の違う味の丸嘉(まるよし)万願寺店(高幡餃子)の餃子を食べ比べ

「あぁ早く餃子が出てこないかな~」と思っていたところに「餃子は今焼いていますから」と声をかけられて待っていると少し遅れて提供されたのが、こちらの

しそ餃子。

見た目は普通の餃子のようですが

食べてみるとしその風味をしっかりと感じるうまい餃子です。

この味好きかも♪

肉餃子

こちらが定番の肉餃子ですが

肉の甘味を感じる一品です。

小麦かおりますか?

とあったように、皮が旨い。

焼き目の付いた方はカリッとしているのですが、焦げておらず、他のところはもちっとしています。

キムチ餃子

あ~見るからに中の餡が赤い。

確かにキムチが入っています。

ややピリッと来る程度ですが、キムチ特有の香りと言いますか?あの味と肉が相まっています。

白飯が進んでしまいます。

少し冷めたとはいえまだ熱い豚汁から豚肉を発見。

だしはそこまで効いておらず、味噌と食材の旨みを活かした豚汁のようです。

それにしても餃子と白飯のみという定食で営業されているわけですから、食べ進めてしまわない訳がありません。

餃子

つぎに

白飯と食べ進めると

あああ!

こういう定食が食える日本っていい国だな~と思ってみたり

なんだかんだと食べ比べて見て一番うまいと思ったのがシソ餃子です。

シソの風味がたっていて、肉の旨みと小麦香る皮。

もうなにも喰えないんじゃないか?

というくらいに腹一杯になりつつ何とか完食へと至りました。

最近は肉汁がどばーと出るのとか、薄皮がキレイなのとか、いろんな種類の餃子が出ておりますから、オーソドックスな餃子のみで営業されている味の丸嘉。

調布から育っていった元祖肉汁餃子のお店ダンダダンのような居酒屋風で人気を取りに言ったり、こちらのようにオーソドックスにシンプル餃子を営んで行ったりと、正解は無いと思うのですが、味の丸嘉のようなお店には今後も長きにわたって営業を続けていただきたいという想いから、豚汁の器は2~3割大きくしてやや多めの量にするなどすると、客目線でお得感が出てくるのかな~

などと独り言を言ってしまいました。

餃子一筋。

また伺って食べに行きたいお店であります。

もちろんテイクアウトともさせていただきますね。

味の丸嘉万願寺店(高幡餃子)の営業時間や定休日、住所について

営業時間:11時~18時

定休日:月曜日

住所:〒191-0024 東京都日野市万願寺4丁目4−10

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい。

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな多摩地区のグルメ情報を届けさせて頂きます

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする