板前焼肉の一斗は京橋がおすすめ!予約しても食べたいメニューをご紹介!

様々なジャンルの飲食店か密集する大阪京橋。どこのお店にしようか悩んでしまいますよね。

大阪で焼肉といえば、数駅先の鶴橋が有名ですが、京橋にある板前焼肉一斗がおすすめです!

そのでも美味しい焼肉を食べられるお店予約しても食べたい京橋一斗のメニューやサイドメニューをご紹介します。

スポンサーリンク

目の前で食していただく京橋の一斗へ始めていったのは・・・

初めて店名を見た時は、板前焼肉って?と疑問を持ちましたが、ホームページに説明がありました。

「極上のお肉をお客様の目の前で切って、目の前でさばき、目の前で食していただく一斗独自の板前スタイル」が、このお店の特徴なんです。

こだわりは板前スタイルだけではなく、お肉も日本全国から選び抜かれた黒毛和牛のみを扱っているので、味も品質も安心して頂くことができますね。

一斗の本店は西成区天下茶屋

こちら、本店は西成区天下茶屋にあります。

複数の店舗があるお店は、まずは本店に行ってみたくなりますが、治安が悪いことで有名な西成区に飛び込むのはなかなか勇気がいりますよね。

支店が心斎橋や京橋にあるので、このお店の場合、まずはそちらから試して、気に入ったら本店まで行ってみるのが個人的にはいいかと思います。

一斗の京橋店の店内の様子!

今回おすすめするのは板前焼肉一斗の京橋店で、JRまたは京阪の京橋駅から徒歩6.7分。黄色い看板に白いのれんが目印です。

お店の外から見えるショーケースには、おいしそうな塊肉が飾られています。

店内には、カウンター席とテーブル席があり、席数はそこまで多くありません。

人気のお店なので、事前に予約をしておくのが確実です。

美味しいお肉を頂けるお店ですが、お店の雰囲気は、おしゃれで高級感のある感じではなく、京橋らしい雰囲気です。

気軽においしいお肉を楽しみたい時にぴったりですね。

スポンサーリンク

ぜひ食べたいメニューはタンステーキ!

こちらでぜひ食べてもらいたいメニューはタンステーキ!

分厚くカットされたタンなのに、霜がふっていてジューシーで柔らかく、適度な歯応えもあって、本当においしいです。

私は他に、ザブトン、ハラミ、ロース、カルビ、白センマイ、ユッケを注文しました。

食べて感動したのはザブトン。肩ロースの中でもしっかりとサシが入っていて、お店によっては特上カルビとも呼ばれるこの部位。

思わずアップで写真を撮りたくなるぐらい、綺麗にサシが入っていてやわらかく、霜降りのお肉がお好きな方にはぜひ食べてもらいたい部位でした。

男女問わず、焼肉で人気の部位にハラミがありますね。

ハラミといえば、赤身であっさりだけどやわらかくて食べやすい部位、というイメージがありましたが、こちらのハラミはしっかり脂がのっていました。

霜降り部位のお口直しに注文したのですが、お口直しにはならないぐらいのジューシーさ!

また、黒っぽい見た目のイメージがあるセンマイですが、こちらでは白センマイが注文できます。

普通のセンマイから皮の部分を取り除いたものらしく、普通のセンマイと比べてクセや臭みが少なくて食べやすいです。

ホルモンが苦手な方もぜひチャレンジしてみて欲しい一品でした。

サイドメニューのキムチなども全て手作りでおいしい!

お肉はもちろん美味しい上に、タレやサイドメニューのキムチなども全て手作りでおいしいんです。

わかめスープはかなり具だくさんでコスパ満点。

味も濃すぎずとてもおいしかったです。

メインのお肉からサイドまで、食べたもの全てがハズレなくおいしくて、高級部位も楽しみやすいお値段でした。

スポンサーリンク

さいごに

人気のお店なので、事前の予約が間違いないです。

また、カウンター席なら職人さんがお肉をさばく姿が見られるので、2名の場合はカウンター席がおすすめ。

こちらのカウンター席はお店の方との距離が近くなく、カウンター席ならではのプレッシャーを感じにくいので、落ち着いて食べられました。

一度、ラストオーダー間際に伺ったことがありますが、白センマイをはじめ、売り切れのメニューが多くあったので、ある程度早い時間の方が、食べたいものを逃さず食べられると思います。

以上、京橋で気軽においしい焼肉を楽しみたい方にぜひおすすめしたい焼肉やさんをご紹介しました。

またこちらには近畿のグルメをまとめた記事がありますので、お店選びの参考にしてください。

近畿のグルメまとめ!

スポンサーリンク

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな
多摩地区のグルメ情報を届けさせて頂きます

 

応援よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする