岩手県一関市にある国道284号の『川の灯 道の駅かわさき』の魅力とグルメをご紹介!

岩手県の県南部、一関市の市街地から宮城県方面へ向かった場所に「川の灯 道の駅かわさき」があります。

地元産の農産物をはじめ、地元の手作り豆腐など、また川崎をはじめとした一関地域の特産品やお土産なども多く販売されています。

そこで今回は「川の灯 道の駅かわさき」の魅力やグルメなどについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

岩手県一関市にある国道284号の「川の灯 道の駅かわさき」とは?

「道の駅かわさき」は、岩手県一関市川崎町の国道284号線沿い、北上川に架かる北上大橋のたもとにあります。

一関市街や気仙沼方面へのアクセスもよく、北上川、砂鉄川、千厩川3河川に囲まれた川崎町には前九年ノ役の古戦場「河崎の柵」があり、古くから輸送、交通の要所として栄えてきました。

私もしょっちゅう足を運んでいますが、いつも人が一杯で活気に溢れています。

農林水産物直売所・食料供給施設「ふれあいドンと館」には、新鮮な野菜などはもちろん、お弁当やパン類などもありドライブの際には大変便利です。

ちなみにもちの里一関らしく、さまざまなもちを使った商品も販売されていますので、そちらもおすすめです。

また情報提供コーナー・休憩コーナーでは、川崎町と周辺の観光情報、道路情報を紹介しており、畳が気持ちのよいお座敷スペースもあります。

このスペースは大人が横になれるぐらい十分な広さがあるので、遠出をしてちょっと仮眠を取りたいという方にもよいですよ。

ちなみに駐車場も広く、トイレもきれいなので休憩場所としても最適です。

「川の灯 道の駅かわさき」で楽しめるグルメをご紹介

①「食の匠レストラン『ぬくもり』」

郷土料理「カニばっと」をメインにしたお店である「食の匠レストラン『ぬくもり』」には、その他にも餅本膳やつきたて餅8食膳 、鶏肉ばっとやラーメン、うどん、そばなど30種類以上のメニューがあります。

特に「カニばっと」は地元産野菜を使用し、北上川で獲れるモズクガニの濃厚なだしがくせになる一品です。

地元食材で作った地域の伝統的な料理を、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

②がっつり亭 

定食の「がっつり亭」は、道の駅かわさき敷地内の東側にある別館「ふれあいほっと館内にあります。

釜あげしらす丼や冷やしぶたしゃぶわさびラーメン、大人のお子様ランチなどさまざまなメニューがありこちらもおすすめです。

スポンサーリンク

③カフェスタンド「アルト」

テイクアウト専門の、ハンドドリップコーヒースタンドである「アルト」には、ベリーやバナナ、チョコなどの焼きたてブリュッセルワッフルもあります。

このワッフルは人気があり完売してしまうこともありますので、食べてみたい方は早めに立ち寄ることをおすすめします。

③ポラーノアイス

一関市厳美町にある一関市民なら誰もが知っている有名なアイスクリーム・ジェラートの「ポラーノ」のアイスクリームが、道の駅「かわさき」店内でも楽しむことができます。

お店は正面玄関奥左手にあり、テーブル席もあるのでゆっくり座って味わうことができます。

ポラーノアイスは私も大好きで何度も食べています。
種類も豊富でとてもおいしいので、一関市に来たらぜひ食べていただきたいです。

営業時間

午前11:00-午後3:00(3月~11月)
午前11:00-午後3:00(12月~2月)

「川の灯 道の駅かわさき」へのアクセスは?営業時間や

住所 〒029-0202 岩手県一関市川崎町薄衣字法道地42-3

電話番号 0191-36-5170

年中無休

営業時間:冬季の営業時間
1月~2月は、開店午前9時~閉店午後6時 

冬季以外
3月~11月は、開店午前9時~閉店午後7時 

アクセス
①一ノ関方面(国道4号)方面からの場合

東北自動車道一関ICから国道342号線~国道4号線~国道284号で気仙沼方面に25Km、車で約30分。

②陸前高田、気仙沼方面(国道45号)方面からの場合

③陸前高田より国道45号で気仙沼方面へ、そして一ノ関方面へ国道284号で55km 車で1時間

最寄駅

JR大船渡線陸中門崎駅から車で5分

まとめ

「川の灯 道の駅かわさき」はドライブの休憩にはもちろん、さまざまなグルメやお土産選びなども楽しめるおすすめの場所です。

岩手県を訪れた際には、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな
多摩地区のグルメ情報を届けさせて頂きます

 

応援よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする