肥後橋で人気のSeiichiro,NISHIZONO(セイイチロウニシゾノ)のレビュー!

Seiichiro,NISHIZONO(セイイチロウニシゾノ)は2014年11月にオープンした、比較的新しいパティスリーです。

シェフの名前が店名になっていますが、西園誠一郎シェフは、ヒルトン大阪や御影高杉で勤務後、こちらのお店をオープンされました。

場所は地下鉄肥後橋駅から徒歩10分弱。近くにはレ・プティット・パピヨットやレ・グーテなどのパティスリーや、人気のカフェが揃っているので、ケーキ・カフェ巡りにぴったりですよ。

スポンサーリンク

Seiichiro,NISHIZONO(セイイチロウニシゾノ)の店舗の様子!

小じんまりとした店構えですが、入って左手にはカウンター席があります。

カウンターは壁向きなのでお一人様でも居心地がいいし、むしろ大人数には向かないので、おしゃべりを楽しむというより、一人または二人でケーキを楽しんで欲しいお店です。

カフェタイムは席が埋まっていることが多く、また夕方になると人気のケーキは売り切れているので、食べたいケーキが決まっている方やのんびり食べたい方は、午前中の訪問をおすすめします。

ヌガーグラッセ・モンテリマールにマカロンなど焼き菓子に目移り・・・

お店のショーケースには、カラフルで美しいケーキの数々が並びます。

レベルの高いパティスリーのおいしいケーキの多くは、シンプルな色合いのものが多いような気がしますが、こちらのショーケースで目立つのは赤色です。

地味になりがちなチョコレートケーキですら、西園シェフの手にかかれば、華やかでお洒落です。

ヌガーグラッセ・モンテリマールにマカロンなどと、美しいケーキの数々に目移りしてしまって、どのケーキにしようか悩んでしまいます。

写真映えしそうな美しい見た目だけではなく、毎月、季節ごとに変化するラインナップも魅力の一つです。いつ行っても新しいケーキがある、というのは、選ぶときや食べるときのワクワク感をかき立てますね。

Instagram(インスタグラム)やfacebook(フェイスブック)で確認を!

お店のInstagramでは、新作ケーキや話題の焼き菓子などが紹介されているので、気になる方はチェックしてみてください。(@seiichironishizono)

スポンサーリンク

お店のホームページにも記載されている通り「香り」をテーマに!

こちらのケーキを初めて食べて驚くのが、香りの豊かさだと思います。それもそのはずで、こちらのケーキは、お店のホームページにも記載されている通り「香り」をテーマに記憶に残るお菓子作りを目指しているそうです。

ケーキを口に入れた瞬間、ぶわぁっと広がる香りは、他では味わったことがありません。

いつも一口目は香りに集中して、ゆーっくり食べるようにしています。

今まで食べて美味しかったケーキの一つが!

今まで食べて美味しかったケーキの一つが、2018年2月に登場した「クムカットピスターシュ」です。

元々ピスタチオのケーキが大好きで、ピスタチオのケーキがあれば必ずといっていいほどの確率で選びますが、こちらは別格でした。

ピスタチオとベリー系の組み合わせはよく見かけますが、ピスタチオと金柑の組み合わせは初めてでした。

一口目から金柑の風味と酸味がぶわぁっと、口だけでなく鼻にまで広がって、そこに後からピスタチオがまろやかに包み込む感じ^^

久しぶりに、食べていて動機がするぐらいおいしかったです。

スポンサーリンク

ババロア、ライチのムースにシナモンを組み合わせたケーキ「ヨウキヒ」

続いては2018年9月に登場した「ヨウキヒ」。

こちらはライチの果肉、ライチティーのババロア、ライチのムースにシナモンを組み合わせたケーキになります。

ライチのケーキといえばさっぱり系を想像しますが、こちらはムースにシナモンの組み合わせが濃厚で秋っぽい、季節感満載なケーキでした。

さいごに

見て美しい、食べて美味しい、加えて記憶に残る香りが、1度食べたら忘れられないケーキになること間違いなし!

ワンランク上のスイーツが食べたいな?なんて時にはぴったりのお店だと思いますので、ぜひ一度お試しくださいね。

またこちらには近畿のグルメをまとめた記事がありますので、お店選びの参考にしてください。

近畿のグルメまとめ!

スポンサーリンク

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな
多摩地区のグルメ情報を届けさせて頂きます

 

応援よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする