究極ラーメン 横濱家 鶴川店のラーメンと半チャーハン こってり過ぎないとんこつ味にハマりそう!

小田急線沿いのグルメ
DSC_2851
スポンサーリンク



「千葉から嫁の兄貴が来て うまいラーメン食べたい! っていうから連れて行ったらマジでうまかった!」

という知りあいの話を聞いて、行ってみたいと思っていたけれどなかなか伺うことができなかったお店。

しかし 究極ラーメン という名前が忘れられなくてですね。

1年越しに向かうこととなるのです。

そしていただいたとんこつ味のラーメンはコッテリしすぎていなくて好みのお味。

ともにいただいたチャーハンもお味といい、炒め具合といい、いい塩梅なのです。

ラーメン×チャーハンの2品を胃もたれすることなく最後まで食べつくすこととなりました。

スポンサーリンク

個性的なデザイン看板が目立つ究極ラーメン 横濱家 鶴川店

一度前路通りかかった時にパッと目に入りましたが、その風貌を忘れることがなかったほどの個性ある外観の究極ラーメン 横濱家 鶴川店。

味がわかるまで3回は食べに来いよ。

と背中を押され、まずはお初となる訪問となりました。

時間は平日の11時30分すこし前。

店先には先着がお一人おりました。

開店時間となり開いたドアから店内に入っていくと「カウンター席どうぞ」と案内されて入り口に一番近い席につきました。

事前情報は持っていないのでメニューで確かめることに。

 

メニュー豊富な究極ラーメン 横濱家 鶴川店

一杯入魂

濱やの・・・?

以前はそのような名前であったのか?

真意はさておきメニューを見ていくのです。

この辺りが店の看板メニューなのでしょうか?

後から入ってきたお客さんはニラもやしラーメンを頼んでいたので、もしかするとこちらも人気なのか?

チャーハンがあることが分かり、お初ですから看板メニューと半チャーハンをいただくことを決めました。

 

餃子もどうなんでしょう?

次回のお楽しみとすることとして

なんでしょう?

この美美麺というメニューは?

そのほかには担々麺などもあり

けっこう悩ましいけれども決めたとおりにラーメンと半チャーハンをオーダーすることとなりました。

ホールは女性の方が数名いたこともあって家系でよくある「らっしゃいませ」みたいなイキのいいのではなく落ち着いた雰囲気で居心地がよかったです。

「トッピングはあちらからお取りください」

と案内されたトッピングコーナー。

このサービスが嬉しくて思わず取りすぎてしまったニンニクとザーサイ。

いい塩加減でコリコリのザーサイを食べながらラーメンを待つなんて最高のシチュエーションではないでしょうか。

スポンサーリンク

ややしっとり系に炒められた究極ラーメン 横濱家 鶴川店の半チャーハン

まず運ばれてきたのが半チャーハンです。

大きくはないもののごろッとしたチャーシューが入っています。

脂がやや多めでしっとり系といえるチャーハンは濃すぎることなく大きく主張することなくいい感じの味付。

後から入ってきたお客さんの中には大盛チャーハンのみを頼んでいる人もいるくらいで。

チャーハンも人気が高いのかもしれません。

 

こってりしすぎないとんこつ風が後引くんです!究極ラーメンの醤油味ラーメン

まもなく着丼したのがこちらの醤油味で頼んだラーメン。

ビジュアル的にはやや色の茶色かかった家系ラーメンといった風情。

スープを飲んでみるといわゆる家系とは違う個性を持っていると感じるのです。

「コッテリすぎない」

ほうれん草

半熟卵

チャーシューというトッピングは家系によくあるスタイル。

そして麺をいただいてみると

やはり家系のようにコッテリすぎない。

半分くらい食べ進めたころ、多めに持ってきたにんにく半分を入れてみると

スープが激爆発。

おいしいよ。

おいしい。

残りの半分も入れてみて

いいわ~

このスープにニンニク合う~。

チャーシューと

卵は

平均的といったところでしょうか?

スポンサーリンク

イヤーまいったな~

にんにくがこんなに合うの初めてかも?

いわゆる家系とは個性が違うというか?

ポジションが違うというか?

王道とは2~3歩外れているけどしっかりとした個性で魅了されてしまう一杯となりました。

というわけで、始めていただいた究極ラーメン 横濱家 鶴川店の醤油ラーメンでしたが、確かにとんこつ味ではあるのですが、コッテリしすぎていなくて程よい濃さが後を引き、スープは無限ループのごとくレンゲが止まらない状態に。

にんにくとの相性がハンパなくて味が爆発してしまい、自主規制をしなければ最後まで飲んでしまうところでしたw

麺は家系にある王道のスタイルで中太麺。

それと、僕の味覚が未発達のせいなのか?卵とチャーシューが同じ味付で煮込まれているのかな?のように感じ、この辺りを違い味にするなどとなると完璧と感じるほどに好きな一杯となるのかな~?と思いました。

そのラーメンはコッテリしすぎていないのでチャーハンとの相性も良くて、近年禁止(自分的に)していたとんこつラーメンとチャーハンの同時喰いでもサクッと完食できたのです。

もう50歳近くなると脂っこいものを食べると胃が重くなるという現象を感じることが多いため、以前に町田商店でチャーハン×ラーメンでいただくと胃が重たく感じてから白飯に変更してきたのです。

しかしここ究極ラーメンでは問題なし!

何よりうれしいサービスがトッピングの無料サービスの手厚さです。

にんにくはもとより、ザーサイまで食べ放題とは!!

こういう行き届いたサービスがあることも人気の秘訣となっているのかもしれません。

大変満足できた究極ラーメンに、また近いうちに計画を立てて別のラーメンも食べに行きたいと思います。

 

究極ラーメン 横濱家 鶴川店の営業時間や定休日、住所について

営業時間:11時~23時

定休日:無し

住所:〒195-0057 東京都町田市真光寺1丁目26−31

またこちらには小田急線沿線で食べたランチ店をまとめた記事がありますので、ぜひ読まれてお店選びの参考にされて下さい。

小田急線沿いのランチとグルメまとめ!

タイトルとURLをコピーしました