福島で立ち食い焼肉なら「一穂」がおすすめ!名物「一穂流 すき焼き」が美味い!

全国的にもブームが広がっている「立ち食い焼肉」

高級なイメージのある焼肉を、一人でも、手軽に食べられる新しい楽しみ方が、幅広い層に受けているんですよね。

そんな立ち食い焼肉でおすすめのお店、福島の「一穂」をご紹介します。

スポンサーリンク

新福島駅から徒歩数分のところにある立ち食い焼肉「一穂」

おいしい立ち食い焼肉を楽しめるこちらは、1店舗目を食の激戦区でもある大阪福島でオープンさせ、福島で着実に人気を集め、現在では本町と第2ビルにも店舗を増やしています。

福島の店舗はJR福島駅、または新福島駅から徒歩数分のところにある、カウンター席のみの小ぢんまりとしたお店です。

グループでの来店よりも、一人、または二人での来店をおすすめします。

好きな部位だけ少しずつ食べられるのが一番のおすすめポイント

こちらではA4.A5ランクの厳選されたお肉を、一切れから注文ができるので、好きな部位だけ少しずつ食べられるのが一番のおすすめポイントです。

日によってある部位は変わりますが、普段は手を出しづらい高級部位も一切れから手軽に注文できちゃいますよ。

満腹になるまで食べるなら、普通の焼肉やさん比べてあまりお得感を感じませんが、少しをちょっとずつ食べるにはコスパ満点のお店です。

スポンサーリンク

女性一人でも入りやすいのが「一穂」の特徴!

また、焼肉屋といえば、もくもくした店内で、女性一人では入りづらいイメージがありますが、こちらの店内は清潔感があって、席はカウンターだけなので女性一人でも入りやすいです。

もちろん男性のお一人様にもおすすめです。

私はいつも2人で行きますが、必ずお一人様を見かけます。

お店のピーク時間帯は人が多くて一人では入りづらくても、ピーク時間をずらせば、まわりも気にならないと思います。

おすすめはメニューは一穂の名物「一穂流 すき焼き」

おすすめは、一穂の名物「一穂流 すき焼き」

割り下をたっぷり絡めた鉄板サイズの大きなお肉を、鉄板でさっと炙ってから、卵にからめていただきます。

また、イチボやタン元、ヘッドバラやフランク、とんびなどの高級部位もはずせません。

これらの高級部位は、一切れ250~350円ほどで食べられます。

私は初めて食べた時のタン元がおいしすぎて、以後、あれば毎回注文しています。

ちなみにハートやタケノコなどのホルモンは一杯50円からとリーズナブル。

普段は盛り合わせや、定番・お気に入りの部位のみの注文で終わってしまうことが多い焼肉でも、少量単位からなら、食べたことのない部位にも挑戦しやすいですね。

迷った方は、お店のおすすめ部位には目印がついているのでそちらを参考に。ぜひ、お気に入りの部位を探してみてください。

薬味でアレンジで焼き肉の味を変えられる!

焼肉ツウの方や、二度目以降の来店の方は、薬味でアレンジしてみてください。

焼肉の定番の食べ方といえば、塩やわさび、タレになりますが、こちらでは無料のトッピングとして「しょうゆ、わさび、洋わさび、コチュジャン、おろししょうが、黒煎り七味、梅肉」

各80円で「おろしポン酢、大根おろし、刻みネギ、ガーリックチップ」、更に各180円(贅沢薬味3種盛にすると480円)で「キャビア、トリュフ塩、うにみそ」など、バリエーション豊富に揃います。

また、「だしで食べる焼肉」や「ひときれアヒージョ」など、好みに合わせてアレンジもできちゃいますよ。

定番で楽しみたい方も、新しい組み合わせを探したい方にもぴったりですね。

スポンサーリンク

さいごに

手軽に焼肉を楽しめるので、お一人様でもカップルでも友人とでも。

また、ちょっとお肉を食べてからメインの飲み会をスタートしたり、飲み会終わりに食べたりない時の2.3軒目など、様々なシーンで利用できると思います。

私はいつも福島に行くときは、3軒はしごするのですが、1軒目はこちらでお肉を4.5切れ食べるのが定番になっています。

お店のお得情報は、お店のInstagramに更新されているので、気になる方は来店前にチェックしてみてください。(@ichibo.fukushimaten)

手軽においしい焼肉を楽しめる「立ち食い焼肉」は一度試せばその魅力にはまること間違いなし。

ぜひ一度足を運んでみてください。

またこちらには近畿のグルメをまとめた記事がありますので、お店選びの参考にしてください。

近畿のグルメまとめ!

スポンサーリンク

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな
多摩地区のグルメ情報を届けさせて頂きます

 

応援よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする