荻窪の中華料理店 虎林(こりん) でランチに チャーハン ラーメン ギョウザ ザーサイミニサイズ4品のサービスセットを実食!

雨の降る中上記の雑誌に掲載されていた荻窪の徳大というお店に向かった時のことです。

もう何日も前から計画をしていたので雨も何のその。

車で40分以上かかっても構うもんか~!という気合の入り様でした。

何とか目的のお店につくことはできたものの、なんと定休日という 泣

半ば心が折れかけたものの何とか気持ちを切り替え、雑誌をもう一度見直し、向かうこととなったのが中華料理店 虎林(こりん)であります。

荻久保は街中華の聖地とか言われるそうで、他のお店を見つけるのは苦ではありませんでした。

土地勘がないために徳大の定休日の看板を見た時には一瞬冷やっとはしましたが・・・

結果としては虎林で食べることができて正解!

こうした昔ながらのラーメンや

まさかの注文後に包んでくれた餃子と

チャーハン

にザーサイという4品のサービスセットと共に歳を重ねられた厨房内のお二人の料理を作る姿が感動的という出会いまでいただきました。

今回は 荻窪の中華料理店 虎林(こりん) でランチに食べた チャーハン ラーメン ギョウザ ザーサイミニサイズ4品のサービスセット について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

荻窪の中華料理店 虎林(こりん)

雑誌に載るくらいだからさぞかし立派な店構えなんだろう?というイメージを膨らませながらお店についてみるとこじんまりとしているお店でありました。

こういうお店って美味いんだよな~などと思いつつ、雑誌に掲載されたお店に来たんだ~というミョーなミーハー心が入り混じりやや緊張気味での入店となります。

お店に入ると7席ほどでしょうか?横長のカウンター席と奥に座敷があるほどの大きくなく狭すぎない、 ここでもう何年もやってきたんだよ と雰囲気を醸す店内。

かといってお高く留まるとかそういうのではなく、心休まる空気感のあるお店だな~という感じ。

13時ちかくなっていましたが、カウンターは半分ほど埋まっており、座敷にもお客さんがいるようでした。

荻窪の中華料理店 虎林(こりん)のメニュー

雑誌ではレバニラ丼がおすすめされていましたがメニューを見ているとどれにしようか心がざわつくのであります。

炒め物とかもいいけどラーメンとかもおいしそうだし。

もうブレブレ状態となったときに目が止まったのが

ミニチャーハン

ミニラーメン

ミニギョウザ

ミニザーサ

がついたサービスセット850円

4品でですよ~

ということでサービスセットを頼むこととなりました。

注文を終えると気持ちが収まったのか>ようやく店内を冷静に見ることができるようになってきました。

ほう、調味料と

BGMはテレビか~?

などと視界に入ってくるのですが、一番気になったのがお店がキレイであること。

飲食の厨房って掃除するの大変なんだけど、歳を重ねたご主人がここまで?と思うと、料理に対する気持ちとお客さんに対するおもてなしの心にまた感動。

そんなことを考えながら作られる料理を見ていると、餃子は皮に餡を包むところから作ってくれました。

スポンサーリンク

15分ほどで提供された虎林の手作り餃子

その餃子がこちら

次に運ばれたのがミニチャーハン

待ちきれず餃子を一口。

なんと表現すればいいのでしょうか?

飾り気は無いけれど毎日食べたくなる味とでもいえばいいでしょうか?

すきだわーこの餃子。

そして文字通りと言うか、見た通りの昔ながらのラーメンであります。

黄色いたまご麺が

醤油ベースのスープと絡んで心が落ち着く一品であります。

そしてザーサイも主張過ぎず、仕事終わりのとりあえず生 の時に食べたい名わき役。

特別個性的とかでないんです。

チャーハンも餃子もラーメンも。

なんかいいんだよな~あの店。

つい暖簾くぐってるんだよね。

そうした言葉になる前の世界で魅了してくるといいますか?

もちろんチャーハンも良しの◎

食べ終えて穏やかな気持ちになりました。

ただですね、この日は嫁と一緒でして、嫁が頼んだ肉ニラ丼がこれまたうまいんです。

ゴマ油の風味が強く味付けもやや濃い目。

こってり濃ゆい味に取り囲まれて育った味覚にはやや強い味付けの肉ニラ丼の方が記憶に残っています。

まあ、ラーメンといえばとんこつラーメンばかり食べているのですから仕方がない反応とするしかありません。

いずれにしても街中華の名店として中華すきの方にはぜひおすすめしたいお店であります。

うまい炒飯に餃子とラーメンを食べることができて、今日もおなか一杯で幸せいっぱいごちそうさまでした♪

荻窪の中華料理店 虎林(こりん)の営業時間や定休日、住所について

営業時間:11時30分~22時30分

定休日:日曜日

住所:〒167-0051 東京都杉並区荻窪4丁目32−8 パインマンション荻窪

またこちらには、雑誌掲載の街中華料理店を食べ歩いてまとめた記事がありますので、ぜひ読まれてお店選びの参考にされて下さい。

こちらの記事では 雑誌 おとなが愉しむうまいぜ!町中華 に掲載されているお店を食べ歩いて随時記録していく趣旨のものです。 家から遠...

スポンサーリンク

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな
多摩地区のグルメ情報を届けさせて頂きます

 

応援よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする