渋谷のガパオ食堂でランチメニューのガパオライス・カオマンガイを実食!辛すぎずスパイシーな味がやみつきに!

ガパオライスが食べたくなり、渋谷や青山・恵比寿で有名なガパオ食堂でランチをしに行きました。

僕は断然ガパオライスでしたが、一緒に行った方はカオマンガイが良いというのでお互いに違うランチをオーダー。

今回はガパオ食堂渋谷店でのランチをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ガパオ食堂渋谷店の外観や混雑状況

こちらはガパオ食堂渋谷店の外観です。

お昼時でしたが、お天気が雨という事もあり混雑しておらず、待ち時間なしで入ることができました。

ランチをテイクアウトで販売していることも混雑の軽減に一役買っているのかもしれません。

外に置かれたランチメニューです。

お店の外にはこうしたビジュアルつきのランチメニューが置いてあるので、お店に入る前に何を頼むのか決めていけるのもポイントです。

聞き覚えのある ナシゴレン というメニューはない模様です。

国が違うのでしょうか?

何が違うのか?そこまで詳しい知識を持ち合わせていないのであります。

ガパオ食堂の店内に入りました。

無事に店内に入りましたが、パシャパシャと写メを獲る雰囲気でなく、スタッフは皆さん忙しく働かれています。

テーブルには1つの調味料紙ナプキンだけです。

エキゾチックなにおいが漂っています。

カウンター席とテーブル席があり、提供までの時間が速く回転が良いのでドンドンお客さんが出ていき、入ってきます。

繁盛店という証拠でしょう。

スポンサーリンク

ガパオライスが提供されるまで10分もかかりませんでした。

提供時間が速いというのも人気店の秘訣なのかもしれません。

待ちに待ったガパオライスです。

サラダとスープがセットでついてきました。

本場タイ料理を食べたことはないので何とも言えませんが、日本人の好みに合わせているのか、香辛料もきつくなく、そこまで辛くないので、辛いのが苦手という女性でも食べられる味です。

というか僕は結構気に入ってしまい、箸が(スプーンですけど)止まりません。

よく、グルメブログとかにある「半分食べました」的なイメージで写メ。きゅうりが残っているのは嫌いなわけではありません。

卵とご飯と具がまじりあったところを食べると最高な気分になります。

美味い!

お連れさんが食べたカオマンガイです。

こちらはお連れさんが頼んだカオマンガイです。

本当は一口食べたかったんですが、少し風邪をひいていたこともあって味見はしました。

食べたかったな~

ガパオ食堂渋谷店の住所や営業時間、定休日について

住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町14−10 渋谷コープ

営業時間:11時~15時 18時~23時

定休日:なし

さいごに

今回は、ガパオ食堂渋谷店でのランチの様子をお伝えしました。

本場のタイ料理を食べたことがないのでコメントとしては信ぴょう性がありませんが、日本人向けに味付けされた料理は、アジアン料理が嫌いでない万人が好きな味だと思います。

周辺には人が沢山務めているオフィスがあるので、リピートしてもらうにはこのくらいの味付けがベターなのかもしれません。

また、初めてのデートで利用したいお店というよりは、仲良くなってから一緒に行きたいお店。という印象です。

個人的には大好きな味だったので、今回もお腹いっぱい、幸せいっぱいごちそうさまでした。

また来たいお店です。

またこちらには、渋谷のランチをまとめた記事がありますので、お店選びの参考にしてください。

渋谷のラーメンなどランチまとめ!

スポンサーリンク

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな
多摩地区のグルメ情報を届けさせて頂きます

 

応援よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする